決済代行に必要な費用

まとめて決済!!!

どれだけ料金がかかるのか!?

決済代行という言葉をしっていますか? 完全に理解していて、他人に説明できるという方は、意外とすくないのではないでしょうか。 このページでは、決済代行においての基礎的な知識についてと、委託までの流れについて解説しています。 興味のある方は見ていってください。

こんなにもある!決済代行の多様さ

調べてみると気づくことは多くあります。 このページを作りに当たって、決済方法について調べたのですが、想像以上に数が多かったことにとてもびっくりしました。 その中でも割と広く知られた方法を紹介してあるので、イメージがしやすくわかりやすいと思います。

決済代行とはなんぞや

それぞれのパターンで、どれくらい料金がかかるかを紹介したいと思います。
まず代行サービス会社への申込み料、契約料がかかります。
会社によっては、診断紙を作るさいにお金を要求してくるところもあるかも知れません。
この契約料に関しては、お金を設けているところと、設けていないところがあります。
トータルしてみると、約1万円ほどです。
キャンペーンや、客を呼び込む作戦として、契約料分のキャッシュバックがあるのが、実質無料の代行サービス会社です。
次に、月々払わなければならない料金についてです。
定額何円と定めているところもあれば、何件につき何円と定めているところが在るようです。
1つ紹介をすると、ネット銀行であれば、10件までなら5000円で、それ以上になると1件につき400円で、それ以外の銀行であれば、1件につき1000円というものがあります。
また決済代行においての、それぞれにかかる手数料が発生したりします。
これには、決済代行会社への手数料と、カード会社への手数料が一緒になっているので、割と馬鹿にならない値段になります。
取引金の3%が手数料にかかるとしたら、1000万の取引の場合30万かかるわけですから、かなりの値段ですよね。
自分が楽にはなるものの、それに等しいだけの対価を支払わなければならないというのがこの決済代行サービスの仕組みになっています。
それでも、時間短縮や物事の合理化が図れるので、とても良いサービスだと思います。

良いところも悪いところも知ろう

完全なサービスというものは存在せず、どのようなサービスにも利点と欠点が両立しています。 このページでは、その良い点と悪い点を両方知ってもらって、それから手続きの検討をしてもらいたいという気持ちで作成しました。 もし参考にしていただけたら幸いです。

TOPへ戻る