まとめて決済!!!

どれだけ料金がかかるのか!?

どうなっているの?決済代行の仕組み

決済代行とは、なるだけ簡単にいうと、利用者と、カード会社の中間に位置する取り持ち役のようなものです。
取引がなるだけ円滑に進むように手助けをする会社です。
カードで決済をするとなったときに、会社ごとに契約をしておかなければその会社のカードは使えないのですが、決済代行サービスを使うと、この会社と契約するだけで、多くの会社のカードを使うことが可能になるのです。
面倒くさい手続きを多くせずに、より多くのカード会社のカードを用いることが可能となる。
仕事上、多くの会社のカードを使いたいという方、まさに事業者におすすめなサービスですね。
窓口を一本で通せて、カード会社も事業側も楽であるという理由から、大変重宝されているようです。

サービス開始までの流れ

まず、都合が良い会社を選びましょう。
資料請求など、無料で行っている会社がほとんどですから、それを使って調べるのもアリですし、ネットでの評判を集めてもアリです。
ともかく会社を知ることから始まります。

次は見積もりです。
流通している金額や、つけてほしい機能などを申請してどれくらいの金額がかかりそうかはじき出してもらいましょう。
この診断は多少長くかかるそうなので、申請する会社を一社に絞らず、就職面接のお願いをするように、何件か同時に出しておきましょう。
そうすれば、他社とも比べることができ、また時間短縮も図れるのでグッドです。
あとは出された診断をもとに比較して、よりマッチしている会社に手続きをするだけです。
これで取引開始となります。
ただ、取引開始の際に手数料およそ1万円ほど取られるので注意しておきましょう。


TOPへ戻る